MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

東福寺
【とうふくじ】

禅宗では用を足すのも修行のうち

京都にある寺院といえば、国宝や重要文化財の宝庫である。そのなかにトイレ重要文化財があるのはご存知だろうか。そのトイレは京都の東福寺にある。「東司」といって、一重切妻造で本瓦葺の建造物だ。化粧屋根裏、鏡天井、正背面の切妻飾りは建物の中心となる部分が二重虹梁大瓶束となっており、日本の伝統的な寺院建築の様式に則っている。トイレの形式は中国式で、広い部屋のなかに五〇から六〇の壺が掘ってあり、足場の板を二枚ずつ渡してある。東福寺は禅寺で、僧侶は長時間座禅をおこなうため、決まった時間にしかトイレに行けなかった。好き勝手に用便をすることが禁じられていたのであるそこで座禅をする前に、禅僧全員で用を足す必要があったというわけだ。また、正面には仏像が祀ってあるところを見ると、用を足すのも修行の一つとして考えられており、東司へ行くにも厳しい作法が定められていたことがわかる。曹洞宗では、東司は、僧堂、浴室とともに三黙道場の一つとなっている。鎌倉時代の曹洞宗の開祖道元(一二〇〇?五三)はこのトイレの作法こそが仏々祖々が伝えてきた威儀であり、作法に従ってトイレをおこなうことも、重要な修行であるとしている。ところで、なぜトイレが「東司」といわれていたのかには、伽藍の東側にあったからという説がある。禅寺で仏殿、法堂において座位が東方にある役僧が用いるトイレを「東司」、西方にある役僧が用いるのを「西浄」と称し、後に統一したというが、推測の域を出ていない。しかし、道元が「寺舎に居してよりこのかたは、その屋(トイレの施設)を起立せり、これを東司と称す」と書き残しており、鎌倉時代には、すでに「東司」で統一されていることが確認できる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820605

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト