MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

投票用紙
【とうひょうようし】

選挙後の投票用紙はどこへ行く?

開票作業の終わった膨大な投票用紙の山は、一定期間、一票たりとも失わずに保管しなければならない公職選挙法により、その選挙による当選者の任期中は、市区町村の選挙管理委員会で保管することが決められているからである。なぜ保管しなければならないかというと、投票結果について疑問を持った者が異議を申し立てたり、不正投票が疑われたりした場合、証拠として投票用紙が必要になるからである。多くの場合、投票用紙段ボール箱などに入れて封印された後、各自治体の選挙管理委員会が厳重に保管しているという。とはいえ、もう一度投票用紙を引っ張り出すことなどあるのだろうかと思ってしまうが、実はそれほど珍しくはないらしい。国政選挙ではあまりないが、候補者が多く、当選に必要な得票数が少ない市町村議会などの場合、一票二票で当落が逆転する場合は結構起きる。また、同姓の候補者が、苗字だけ書かれた投票をどっちの得票とするか、それとも無効とするかでもめたり、屋号や通称で書かれた投票を認めるどうかなど、もめ事が起こる種はいろいろある。また、あってはならないことだが、選挙管理委員会の不注意により数え間違いや無効票が発生した場合なども、投票用紙が再び出番となるのだ。無事に議員の任期が終了すると、保管されていた投票用紙は多くの場合は焼却されるシュレッダーかけてから粉砕し、再利用する自治体もあるというが、どちらにせよ記載事項の漏洩を防ぐための機密扱いで処理される。そのため、焼却施設まで自治体職員が立会い、焼却炉に入れるところを見届けるシステムをとるところもあるという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820604

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト