MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 国・島・都市

東京②
【とうきょう】

かつて東京は、「トウケイ」と呼ばれていた

江戸を東京と呼ぶようになったきっかけは、前項でふれた「江戸ヲ称シテ東京ト為スノ詔書(詔)」である。「京」には、皇居がある都市という意味がある。また「都」も同じである。京は日本の都。だから、弥次さん、喜多さんは東海道を京をめざして上っていった。反対に、江戸に運ばれた上方の酒は下り酒といい、高級酒の代名詞だった。しかし、これらは、いずれも江戸時代の話である。新しく都が置かれることになった江戸は、京都から見れば東にある。だから、東の都で東京。名前の由来は単純なものだが、当時は「東京は地名ではなく新造語だ」と批判する向きも多かったらしい江戸っ子江戸っ子で「将軍様のお膝元」という矜持を持っていたから、明治になったからといって、簡単に気持ちを切り替えるわけにはいかなかったのだろう。当初、「東京」は「トウケイ」とされた。これにともない、京都は「セイケイ」と呼ばれるようになった。いつから「トウケイ」が「トウキョウ」と発音されるようになったかは定かではないが、明治一〇年頃から、徐々に「トウキョウ」の発音が主流になってきたといわれている。もっとも、「トウキョウ」「トウケイ」の発音が入り混じっていた時期が長かったようで、第二次世界大戦後でも「トウケイ」と発音する人もいたようである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820598

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト