MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 昆虫

貞操帯
【ていそうたい】

交尾は一生に一度のメスのギフチョウ

「春の女神」ともいわれ、昆虫愛好家たちから熱狂的な支持を受けているギフチョウ(岐阜蝶)。その美しい模様はもちろんのこと、山麓部のごく限られた場所に棲み、幼虫の間はアオイなど日本古来の植物を食べ、春先のごく短期間しか出現しないなど、「深窓の令嬢」さながらの生態は、そう呼ばせるにふさわしいといえる。さらに、成虫になったギフチョウのメスの交尾は生涯にただ一度だというから驚きだ。もっとも、ギフチョウのメス自体がそう望んでいるわけではない。交尾の際に、オスがたんぱく質の分泌物を出してメスの腹端に付着させる。それが固まると袋状の付属物となって、次からの交尾が不可能になるのだ。したがって、交尾は生涯にただ一度ということになるのである。オスが自分自身遺伝子を残すために、進化の過程でそのようなしくみを獲得したと思われるが、これではまるで自分の妻をほかの男に取られないように貞操帯させる嫉妬深い夫というしかない。メスが生涯で一回しか交尾できないのに対して、オスは何度でも交尾が可能だ。たまに不完全小さな貞操帯を見ることがあるが、これは交尾を重ねたオスの分泌物の量が不足した結果らしい。『レッドデータブック』によると、ギフチョウは「絶滅の危険性が増大している危急種」に、日本にいるもう一種であるヒメギフチョウは「存続基盤が脆弱な希少種」に挙げられている。開発が進み、彼らの棲息地域が侵されていることが原因だが、メスが一回しか交尾できないことももう一つの原因だろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820576

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト