MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! > 単位

速度メーター
【そくどめーたー】

なぜスピードメーターは一八〇キロまでの表示がある?

日本での自動車の法定速度は、高速道路でも時速一〇〇キロなのに、スピードメーターが時速一八〇キロまで表示があるのはなぜだろう。もちろん、表示があるからといってその速度で走ってよいわけではないが、自動車メーカーによれば、スピードメーターが時速一八〇キロまであるのは、たとえば緊急事態に危険を回避するために一時的にそのスピードが必要になる場合もあるだろうし、坂道や地面の抵抗が大きい道などを走る場合、実際の速度よりも大きなパワーを出す必要があるからだという。法定速度の最高速度が時速一〇〇キロだからといって、実際の最高速度が時速一〇〇キロの車をつくったのでは、急な坂道や地盤の悪い道を走るとき、雪道を走るときなどはパワー不足で困ってしまうのだ。そのため一般的には、普通自動車では時速一八〇キロ、軽自動車が時速一四〇キロまで表示がついていて、実際にそのスピードが出せるようになっている。では、最高が時速一八〇キロ表示の自動車で実際に時速一八〇キロ以上のスピードを出そうとアクセルを踏んだらどうなるだろう。答えは、時速一八〇キロ以上はスピードが出ない。これは、安全装置としてスピードリミッターというコンピュータが内蔵されているからである。時速一八〇キロ以上を出そうと思っても、エンジンガソリンが供給されないしくみになっているのである。なお、日本での基準は前述の通りだが、国によって法定最高速度が違うために、輸出用にもっと速く走れる車は国産のメーカーでもつくられている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820501

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト