MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

ソクラテス
【そくらてす】

ソクラテスの師匠は、遊女!?

古代ギリシアの都市国家アテネの哲学者ソクラテス。誰もが知っている哲学者の祖である。知者を自任する人々の「知」を根本的に問い直し、真の知者は神だけで、人間は無知であるという結論に達し、自分の無知を知らなければならないという「無知の知」を唱えた。人々に無知を自覚させるため、街頭で道行く人をつかまえて身近な問題をふっかけたため、人々に嫌われたともいわれる。紀元前三九九年には、国家公認の神を認めなかったため、「新しい神を導入して青年たちを惑わす」と批判され、死刑の判決を受けるそして、弟子たちが亡命を勧めるのを拒否して、毒杯をあおいで死去した。さて、ソクラテスの弟子にプラトンがいたように、古代ギリシアの哲学者の間では師弟関係が多かったようだソクラテスも例外ではなく、彼の師匠はアスパシアという名のヘタイラ(遊女、娼婦)だった。当時は、ヘタイラと一口にいっても様々で、歌舞音曲を習得し、男と知的な会話ができるほどの教養を身につけた者もいれば、たんに身を売るだけの者もいた。アスパシアはどちらかというと前者で、美しいだけでなく、すぐれた才能を持つ知的な女性だったという。一般的にヘタイラたちは快楽のための女性とみなされ、アテネ市民の既婚女性たちとは差別されていたが、行動の自由はむしろ既婚女性たちより多く、男たちと議論したりして知性と教養を磨くこともできたようだ。アスパシアは集まる男たちに哲学や修辞学を教えた。プラトンはその著書で、ソクラテスの言として、「幸い、私にはすぐれた女の先生がいる」と記し、アスパシアの才能を高く評価している。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820502

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト