MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

ゾウ①
【ぞう】

ゾウには、死んだ仲間を埋葬する習慣がある!?

ゾウは死が近づくと、こっそり仲間のもとを抜け出して、ゾウだけの墓場に向かう……。そんな話がまことしやかに伝えられたこともあったが、実際には「ゾウの墓場」といったものは存在しないらしい。しかし、ゾウには、ほかの動物と違い、死んだ仲間を「埋葬」する習慣があるといわれている。ゾウは、赤ちゃんゾウの世話を群れ全体のメスがやったり、弱って歩けなくなったゾウを仲間が両側から支えてやるなど、仲間意識が強いことで知られている。その思いは、死んだ仲間にも同じように向けられるものらしい。ゾウは、仲間のゾウが死ぬと、一頭ずつそのゾウの体を鼻でなでるという。その様子は、まるで一頭一頭が仲間のゾウにお別れをいっているようで、いわゆる葬式をイメージさせる。また、死んだ仲間の体に木の枝や草、土などをかけてやるという。これは「埋葬」の行為といえるかもしれない。そのほか、死んだゾウのそばを家族のゾウたちが何日も離れず、まるで祈りを捧げるようにしていたとか、死体の牙だけを、まるで形見にするように抜いて運んでいったという話もある。鼻で死んだゾウをなでるのは、本当に死んだかどうかを確かめているだけではないか、あるいは死んだゾウの体に木の枝や草をかけてやるのは、死体に対する畏敬の念というよりも、死体が腐敗して臭くなるためではないかといった見方もあるが、ゾウが「死」というものを、ある意味では認識できている点には変わりない。しかも、こうした「死」の認識は、仲間のゾウにだけあるものではないらしく、サイの死体がゾウによって「埋葬」されたという例もあるという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820493

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  アメダス  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト