MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 服装

雪駄
【ちゃばしら】

草履と雪駄はいったいどこが違う?

日本の伝統的な履物に、草履と雪駄があるが、この二つの違いをご存知だろうか。草履のなかでも男性用のものを雪駄というのではないかと思った方もいるかもしれないが、残念ながら不正解だ。確かに雪駄を履くのは男性がほとんどだが、実際に草履と雪駄では構造が違う。草履は藁や藺(イグサ)、竹の皮で編んで鼻緒をつけた平らな履物のことだが、いまでは皮や布、ビニールエナメルなどの材料が使われている。一方、雪駄は、一見すると草履と同じ形だが、底には牛革などの皮が貼り付けられている。これは、皮を貼ることによって水をはじく効果を得るためだ。つまり、草履の裏に皮を貼ったものを雪駄というのだ。この雪駄を考案したのは、茶人の千利休というのが定説で、水を打った路地を歩くために、草履よりもさらに歩きやすいものをということで考え出されたといわれている。千利休考案といわれる履物だけに、茶人や風流人が好んで履いたという。元禄時代には、雪駄のかかとの部分に尻鉄(裏鉄)と呼ぶ金物を打って、江戸町奉行所同心が好んで履くようになった。雪駄の尻鉄がちゃらちゃらと鳴る音で、同心たちが歩いてきたのが誰にでもわかったという。以降、尻鉄のないものは雪駄とは呼ばないようになったといわれる。現代では、和服の男性の一般的な履物として重宝されている。愛知県津島市地場産業として有名であるが、なんと全国の雪駄の半分以上はここでつくられる。ちなみに、雪駄を履くときには、足の指をきっちりと鼻緒にかけて履くのではなく、ちょっとだけ引っかけるようにして履くのが粋な履き方とされている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820486

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト