MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 男と女

セックス
【せっくす】

世界で最もセックスをしない国民は日本人!?

セックスの回数も少なければ、満足度も低い。日本人そんな「不幸な国民」だという説がある。コンドームメーカー「デュレックス社」が二○○五年、世界四一カ国、三〇万人以上を対象におこなった性に関する意識・実態調査の結果によると、世界各国の平均セックス回数は年間一〇三回。最も多かったのはギリシア人で年間一三八回、二位はクロアチアで一三四回、三位はセルビア・モンテネグロ(当時)で一二八回だったという。アジア各国では宗教や道徳の観念からなのか、セックスに対してオープンな人が少なく、回数も欧米地域などに比べて少ない国が多い。なかでも日本人は、ワースト三位のインド人の七五回、ワースト二位のシンガポール人の七三回を大幅に下回る年間四五回で、堂々の世界最低を記録した。この調査は二〇〇五年で九回目を数えるのだが、日本人セックスレスはいまにはじまったことではなく、ここ数年は世界最低の座をキープし続けている。この結果を踏まえ、以前の同調査では「不幸な国民」とうたわれたこともある。セックス対する満足度では、世界の四四パーセントの人が満足していると答えた。最も満足しているのはベルギー人で五七パーセントだった。また、北欧の国々の人々は、セックスの頻度に不満を感じている人が多く、ノルウェー人(年間平均九八回)では五三パーセントが、スウェーデン人(年間平均九二回)では五二パーセントが、もっと頻繁にセックスをしたいと考えていることもわかった。日本人の満足度はといえば、満足しているのはたった二四パーセントと、中国人の二二パーセントに次ぐ低さだった。とはいえ、中国人の平均回数は年間九六回と日本の倍以上である。つまり、日本人セックスは質・量ともに世界最下位といってもいいかもしれない。だが、当の日本人は、セックスの頻度を増やしたいと思っている人も二五パーセントと少なく、セックスそのものにあまり興味がないということなのだろうか。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820484

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト