MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

スターリン
【すたーりん】

本名は、「ヨシフ・ヴィサリオノヴィチ・ジュガシヴィリ」

レーニンの死後、旧ソ連の最高指導者となり、独裁権力を振るった人といえば、スターリンだ。「スターリンの勝利の大会」「スターリン憲法」など、歴史の本でも、もちろんこの名前で登場する。しかし、彼の本当の名前は、「ヨシフ・ヴィサリオノヴィチ・ジュガシヴィリ」という。では、なぜ彼は本名とは似ても似つかない別の名前を使い、そしてそれが本名よりも名を馳せたのだろうか。革命家たるものは政府や官憲に追われるもので、なかでもスターリンは七回の逮捕歴を持ち、流刑などを繰り返していた。そのため活動の最中、自身を守るために様々な偽名を使うようになっていったのである。ダヴィド、ソセロ、イワノフ、ノワノビッチ、K・カト、コーバ、K・スタ、ソソ、ワシーリー、ベンシノベソ、チジコフ、……、これはすべてスターリンペンネームであるペンネームには比較的単純な名前ばかりが使われていたようだ。それもそのはず、長くてややこしい名前では、本人も覚えるのに一苦労であろう。数あるペンネームのうち、彼自身がいちばん気に入っていたのが、「鋼鉄の人」を意味するスターリンだった。党中央委員となり、機関紙『プラウダ』の編集などに携わった頃からこのペンネームを使用しはじめたという。その後、ロシア革命の立役者レーニンとともに十月革命武装蜂起を指導、レーニンの死後は社会主義工業化と農業の集団化を推し進めていった。党中央委員会書記長に選出されると、スターリンはその地位で独裁権力を振るい、一九四一年五月には人民委員会議議長(首相)までのぼりつめた。こうした活動により、スターリンという名は世に広まることとなったのであるスターリンという名はもっといえば、ペンネームではなく偽名であったともいえる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820468

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト