MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 食べ物

寿司
【すし】

江戸時代は高級料理ではなく、ファストフード

日本料理の代表といえば、寿司に天ぷらにおそば……。なかでも絶対に外せないのは寿司だろう。最近では回転寿司の店舗が増え、庶民も気軽に寿司を楽しめるようになったが、カウンター食べる寿司屋の敷居はやはりまだ高い。しかし、本来の江戸時代の寿司は、町民が気軽に立ち食いすることのできる庶民の食べ物だったのだ。そのため、江戸前寿司は当時「早ずし」とも呼ばれていた。つまり、いまでいうファストフードであり、公衆衛生法や交通法などの理由でなくなるまでは、屋台の寿司屋が軒を連ねていたのである。現在では様々な種類のファストフード店があちこちでにぎわっているが、日本でいちばんはじめに登場したファストフード店は、意外にも江戸時代の「早ずし」屋だったのかもしれない。ところでそんな江戸時代の屋台の寿司屋では、店主が一人で店を切り盛りするのがほとんどだった。店が混んで忙しくなれば、お客さんにお茶を入れる暇さえない。そこで何度もお茶を入れなくてすむようにと、あの寿司屋特有の大きな湯のみが考案されたといわれる。なるほど、寿司屋の湯のみはいまでも大きい




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820466

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト