MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

しんかい
【しんかい】

海底六五〇〇メートルで活動する調査船には、トイレがない!

しんかい六五〇〇」は、有人潜水調査船としては世界で最も深い六五〇〇メートルを潜航する能力がある潜水調査船である。一九八九(平成元)年に着水して以来、「よこすか」を支援母船として、二〇〇七(平成一九)年には通算一〇〇〇回の調査潜航を達成した。日本近海に限らず、太平洋大西洋インド洋などの海域で、海底の地形や地質、深海に生息する生物、地球の活動などの調査を目的とした潜航をおこなっている。これまでも、海底のプレート裂け目や沈み込みを発見したり、またマントル中のプルーム運動など地球内部の動きを調べたり、さらには多様で独自性に富んだ生物群や化学合成生態系の存在を明らかにして、生物の進化を解明する研究の手助けとなるなど大きな成果をあげてきた。また、今後人類が直面する食料問題などに向けて、深海生物資源の持続的な利用や、多様な生理機能を有する深海生物の研究のうえでも、大きな貢献が期待されている。ところで、この「しんかい六五〇〇」にはトイレがない。また、深海の温度は冷蔵庫よりも低いのに暖房もないのである。これは、海底に深く潜れば潜るほど水圧が大きくかかってくるため、人が乗る部分(耐圧殻)をできるだけ小さくする必要があるためである。水深六五〇〇メートルでは水圧が約六八〇気圧に達するが、これは親指に大人一〇人を乗せたのと同じぐらいという計算になるのだ。そこでしんかい六五〇〇」の耐圧殻は直径が二メートルに抑えられているのである。ここに研究者一名とパイロット二名が乗り込み、それに観測に必要な機械類も積まれることになる(ちなみに全体の長さは九・五メートル、幅は二・七メートル、高さは三・二メートル)。とてもトイレをつくるスペースはないわけである。だが心配はいらない。緊急時には特別なバッグが使えることになっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820441

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト