MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 国・島・都市

シンガポール①
【しんがぽーる】

世界で一番速く歩く国民は?

大阪の人はせっかちなので東京の人に比べて歩くスピードが速いなどといわれたりするが、では、世界的に見て歩くスピードが速いのは、いったいどこの国の人なのだろうか。イギリスハートフォードシャー大学のリチャード・ワイズマン教授が二〇〇七年に発表したところによると、最も速かったのはシンガポール、コペンハーゲン、マドリードの三都市だ。なんとなく速そうなイメージがある都市は、実際はそうでもなく、ニューヨークは八位、ロンドンは一二位、東京は一六位だったという。ワイズマン教授は、各都市の成人住民三五人に六〇フィート(約一八メートル)の距離を歩いてもらい、平均所要時間を調査した。アメリカのカリフォルニア大学の教授が一〇年前に調べた結果と比較してみると、シンガポールは約三〇パーセント、中国の広州は約二〇パーセントも速くなっていたことがわかったという。シンガポールはマレー半島の南端、ほぼ赤道直下に位置する共和国で、合計六〇以上の島からなる島国だ。主島シンガポール島でも東西四二キロ、南北二三キロしかない。そんなにせかせか歩いたらすぐに島の反対側にたどりついてしまうのではと心配になるが、近年、めざましい経済発展を遂げていることと無関係ではないだろう。もともと工業に力をいれていたシンガポールの産業は、周辺諸国で工業化が進むと、情報産業や金融センターとしての機能を強めるようになった。情報ビジネスでは、一分一秒を惜しむ熾し烈れつな争いが繰り広げられ、少しでも早く有利な情報を手に入れた者が莫大な富を手にする可能性もある。ビジネスチャンスを逃すまいと、シンガポールの人々は忙しく歩き回っているというわけだ。ちなみにワイズマン教授の調査によると、最もゆっくりだったのは、アフリカ南東部の内陸国マラウイ南部の都市ブランタイアと、中東にあるバーレーンの首都マナーマだったそうだ。マラウイのほうはゆったりとしたアフリカ時間を、バーレーンのほうは原油資源によって世界でも一、二を争う裕福な国だから、その悠々自適さを想像させられる




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820439

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト