MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! > 数字

四六時中
【しろくじちゅう】

四六時中とは、何時から何時まで?

四六時中とは「二四時間ずっと」「一日中」などの意味で、常に忙しいときなどに「四六時中忙しい」などと使う。この「四」と「六」は、積算(かけ算)すると「二四」だから、「四六時中」とは、つまり「二四時間」ということなのだ。これが、江戸時代には「二六時中」といわれていた。当時は一日を「一二」に分けていたためで、「二」と「六」を積算した「一二」で「一日中」をあらわしていたことになる。なお、一二に分けた時刻は、十二支によってあらわしていた。午後一一時から午前一時までが「子の刻こく」で、以後二時間ごとに「丑の刻」「寅の刻」「卯の刻」「辰の刻」「巳の刻」「午の刻」「未の刻」「申の刻」「酉の刻」「戌の刻」「亥の刻」となる。怪談でよく使われる「うしみつどき」は、「丑の刻」を四つに分割したうちの三つめの時間という意味で、午前二時から二時半をさし、「丑満つ」と書いて「真夜中」をさすともいう。また、夜明けから日の暮れまでを六等分する方法もあったようだ。夏と冬で時間がかわるため不便なようだが、太陽とともに寝起きする生活にはあっているともいえる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820437

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト