MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2そーだったんだ! > 由来

シルエット
【しるえっと】

名前の由来は、一八世紀のフランス蔵相の名

シルエット」とは、輪郭内が真っ黒な絵や後方から光を当てて浮かび上がった影絵のことである。なぜシルエットと呼ぶようになったかというと、実は一八世紀フランスの蔵相の名前に由来する。エティエンヌ・ド・シルエット(一七〇九?一七六七年)は、ルイ一五世の絶対王政下で各地の徴税官を務めた後、一七五九年三月に蔵相に就任した。当時は財務長官という肩書きだったが、内閣がなかったので、権限は首相以上だったという。当時のフランスは国庫が赤字状態で、シルエットは就任するとすぐに緊縮財政を実行した。免税権があった特権階級からも税金を徴収する計画を高等法院に提出し、この処置を国民はたいへん歓迎したが、保守的な特権階級からは反発を受け、高等法院は彼の提案を受け入れなかったという。そこで彼は手当たり次第に課税しようとし、「人の呼吸する空気にまで課税しようとした」といわれたほどだ。国民からも大反発を受け、彼の名声は地に堕ちてしまった。いつの時代も、いきすぎと税金は嫌われるのである。同年一一月、シルエットは辞任に追い込まれた。蔵相になってたった八カ月で消えてしまった彼の姿から、輪郭内が真っ暗な絵や影絵のことをシルエットと呼ぶようになったといわれる。また、倹約のために、肖像画を描く場合は高価な絵の具は使わず、黒一色のものにせよと主張したため、輪郭を主とした肖像画がはやったことにちなんでいるという説もある。さらに、彼が切り絵の肖像画を好んだからという説もある。仕事に真面目すぎるために嫌われてしまったシルエットだが、自分の名前がやがて「影絵」をあらわす普通名詞としてフランスアカデミーに公認され、正式なフランスとして認められるのを、彼は天国で複雑な気持ちで見ていたかもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820435

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト