MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 乗り物

新幹線②
【しんかんせん】

五〇〇系のモデルがカワセミなのは、開発者が野鳥の会会員だから!?

JR西日本の運営する山陽新幹線で一九九七(平成九)年に初めて使用された五〇〇系新幹線モデルコンセプトは鳥だった。しかも開発のテーマは、開発に携わった仲津英治氏によると、「いかに速く走るか」ではなく、「いかに静かに走るか」ということだったという。高速走行の最大の課題は、第一に安全で、次には騒音環境基準をクリアすることだ。現代の技術の進歩により、速く走るということはそう難しいことではなくなり、静かに走ることのほうが難しいという。鳥が大空を飛ぶときに、また、餌を求めて低空飛行するときに、大きな音を立てるだろうか。いや、静かに、そして敵に気づかれないようにすばやく飛ぶ。そこに何かヒントはないかと探したところ、まずはフクロウが低騒音飛行をするというところに目がつけられた。フクロウは普通の鳥にない鋸歯状の羽毛(セレーション)を持っている。のこぎりの歯のような小さな突起が多いと、空気の流れの渦が小さくなり、より騒音が少なくなるというのだ。実際、新幹線パンタグラフの低騒音化にはこのフクロウのセレーションの原理が使われている。さらに、山陽新幹線は、トンネルが世界一多いことでも知られる路線である。なんと全線の半分がトンネルを通っているのだ。トンネル新幹線には大敵である。列車が高速で狭いトンネルに突入するときに空気の圧力波によって大きな振動と騒音が出るからである。これをなんとかしようと、またもや自然界に解決策をゆだねたところ、今度は空中から水中へと捕食のため勢いよく飛び込んでいくカワセミの姿が頭に浮かんだようだカワセミが水に飛び込むとき、そのしぶきは非常に小さい。ということは、カワセミのくちばしの形状は抵抗が少ない美しい形をしているに違いないと日夜研究が進められ、スーパーコンピュータによる長時間の解析の結果も自然界カワセミの威力を物語っていた。これにより山陽新幹線の頭の部分は、最も空気抵抗が少ないカワセミの長いくちばしのような形となった。なんと先端部分だけで一五メートルもあるという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820443

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト