MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > スポーツ

シンクロナイズド・スイミング
【しんくろないずどすいみんぐ】

シンクロの選手の髪を固めているものは?

シンクロナイズド・スイミングの選手は、髪もメイクも水でびしょぬれになるのだが、いっこうに崩れる様子はない。メイクはいまやウォータープルーフのものがたくさん市場に出回っているので驚かないが、髪は何で固めているのだろうか。実は、最近はゼラチンで固めているのだそうだ。最初にゼラチンを使ったのは、一九七〇年代後半のカナダのチームだという。日本では、オリンピックソウル大会のときに小谷実可子選手が個人で使い、銅メダリストになったのをきっかけに、一九九六(平成八)年のアトランタ大会から日本代表チームが使うようになったという。ゼラチンの会社である新田ゼラチン社では、日本代表に無償で粉ゼラチンを贈呈しており、アテネ大会のときでも二〇キロ分を贈ったそうだ。その昔、ゼラチンを使うようになる前には、ポマードなどの整髪料で固めていた。だが、油性の整髪料なので、これでは入水のときに油が浮いてしまったり、水に溶けて髪が崩れたりして問題があった。そこでゼラチンが登場したというわけだ。ゼラチンは水温で融けないのか? という疑問もわくが、シンクロ用に使われるゼラチンは食品用のものとは少し違っている。プールの水温では融けないようになっており、約四五度のお湯で融けるものなのだという。通常のゼラチンではダマになったり融けにくかったりして塗りにくいのだが、同社で特許取得済みの、すぐに融けて髪にきれいに塗れるゼラチンならば問題はないようだ。さらに、ゼラチンを塗ると髪がつやつや光って見えて、髪を崩さないだけでなく、見た目にもきれいなので喜ばれているという。世界大会では常に上位進出の日本のシンクロナイズド・スイミングだが、そのかげにゼラチンの貢献があるといえよう。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820444

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト