MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

一〇円玉
【じゅうえんだま】

一万円の買い物で、全額を一〇円玉で支払うことはできるのか?

一万円の洋服代を、ずっと貯めてきた貯金箱から一〇〇円玉や一〇円玉だけで支払おうとしたら、お店の人が「数えるのが面倒だからダメ!」と拒否をした。さて、法律的には拒否できるのだろうか。数えるのが面倒という理由はさておき、実際には、お店の人は拒否することができる。これは、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」第七条に基づく。第七条には、「貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する」とあるのだ。「法貨」とは「法定貨幣」の略で、「国法をもって強制通用力を与えられた貨幣」のことであり、つまり、受け取りの際に拒否できないお金ということになる。そこで改めて先ほどの第七条を見てみると、貨幣が法貨として認められるのは、額面価格の二〇倍までが限度とあるだから、どの硬貨も二〇枚、つまり一円玉なら二〇円、一〇円玉なら二〇〇円、一〇〇円玉なら二〇〇〇円分が限度ということになる。もっとも、これはあくまでも法貨として通用するかしないかといった法律上のお話で、「通用しない」ことがそのまま「受け取ってはならない」とか「受け取ると法律に違反する」というわけではない。受け取る側がそれでもいいと判断すれば、受け取ってもらえるわけである。ちなみに、紙幣のほうは無制限に法貨として通用するので、一〇〇万円の買い物をして、すべて一〇〇〇円札で払うことにしても、法律上、相手側は拒否することができない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820401

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト