MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > モノ

修正液
【しゅうせいえき】

修正液に隠された意外な発明秘話

書き間違いをしてしまったときに便利なのが修正液だが、これを発明したのは、アメリカのベット・ネスミス・グラハムという女性だった。ベットは、テキサスバンクトラストという銀行の秘書をしていた。一九五〇年代のアメリカでは、文書をタイプライター打ち出すのが主流だったため、ベットの仕事は、膨大な書類をタイプすることが多かった。ところが、ベットはタイプを正確に打つのが大の苦手だったのである。当時は、タイプミスをすると、またはじめから打ち直すのが当たり前だったので、ミスが多いと仕事量はどんどん増えていくことになった。こんなことでは、いつまでたっても作業の能率が上がらないと思っていたベットは、あることを思いついた。実は、ベットは画家志望だった。そこで思い出したのが、絵を描くときに、色を別の色に変える「重ね塗り」だった。間違ってタイプしてしまった字の上に、紙と同じ白い色を塗ればいいのではないかと試してみると、これがうまくいき、なかなか便利だった。白い絵の具修正液を愛用していると、その便利さに同僚たちからもわけてほしいと頼まれるようになった。わけてあげると、これは便利だということで、口コミで広がり、注文が多くなっていった。そして、ついにベットは、一九五六年、ミステイクアウト社を立ち上げ、発売した修正液リキッドペーパー」は大ヒット商品となった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820403

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト