MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 乗り物

ジャンボ機
【じゃんぼき】

「ジャンボ」とは、ロンドンにいたゾウの名前

民間機および軍用機メーカーボーイング社が開発した世界初の超大型旅客機の「ボーイング747」の愛称は、「ジャンボである。そもそも「ボーイング747」は、軍用輸送機として米軍向けに開発中だったCX?HLS(ロッキード社との受注競争に敗れ、実際に軍用輸送機として採用されることはなかった)を旅客機に転用したものであり、一九六七年に開発がはじまった。機首から主翼付近までは二階建てという特徴的な胴体を持っており、その断面はダルマのような曲線になっている。一九六九年二月九日に初飛行し、翌年パンアメリカン航空で路線就航した。五〇〇人以上を乗せられるワイドボディー機の先駆けとなり、いまでも各国のエアラインで花形機として地位を保持し続けている。さて、いまも「ジャンボ」の愛称で人々に親しまれている「ボーイング747」だが、そもそも「巨大」を意味するこの「ジャンボ」という言葉はどこからきたのだろうか。実はゾウの名前からきている。そのゾウは、スーダン生まれのオスのアフリカゾウで、フランス動物園に持ち込まれた後、一八六五年にロンド動物園にやってきた。そこで飼育員に「ジャンボ」と名づけられたのである。図体が大きいことで知られていたゾウの「ジャンボ」は、その後サーカスに売り渡され、そこで「巨大である」「ジャンボ」は大きく宣伝された。「ジャンボ」が「巨大」を意味するようになったのはこれが由来である。なお、幅も高さも従来のジェット機の二倍もある「ボーイング747」に「ジャンボ」というニックネームをつけたのは、あるジャーナリストだといわれる。しかし、「ジャンボ」には「のろま」というニュアンスが含まれるため、ボーイング社はこの愛称を嫌い、「スーパージェット」と呼んでいた。ところがジャンボ」の愛称が先に一般に受け入れられるようになったため、その愛称を現在も使うことになってしまったようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820400

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト