MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

三大洋
【さんたいよう】

太平洋、大西洋、インド洋に境界線はあるか?

世界の三大洋といえば、太平洋大西洋インドである。さて、どこからが太平洋で、どこからが大西洋なのだろう。基準になるのは、国際水路機関(IHO)が出している海図である太平洋と大西洋は、南アメリカ大陸の最南端ホーン岬から南極大陸まで南下する西経六七度一六分線が境目となる。大西洋インド洋は、アフリカ大陸の最南端のアガラス岬から南極大陸まで南下する東経二〇度一分線が境目だ。そして、いちばんややこしいのが、太平洋インド洋の境目である。ミャンマー、タイ、マレーシアの西岸に沿ってシンガポール南端までいき、そこからマラッカ海峡、スマトラ島西岸からジャワ島、スンバ島を通り、ロティ島(ティモール島の南西一六キロ)からオーストラリア北西部のロンドンデリー岬までいく。そしてロンドンデリー岬からはオーストラリア西岸、南岸を通り、オトウェー岬からタスマニア島のグリム岬へ。その後、グリム岬からタスマニア島西岸を進み、最南端のサウスイースト岬から南極大陸まで南下する東経一四六度四九分二五秒線が太平洋インド洋の境界線だ。頭のなかでこの境界線が描けた人は相当なものである。なにがなんだかわからなくなった人は、一度地図を見ながら確認してみよう。ちなみに、私たちになじみ深い日本海も東シナ海も太平洋の一部である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820363

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト