MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2そーだったんだ! > フィクション

サンタクロース①
【さんたくろーす】

なぜサンタクロースは煙突から入ってくるのか?

クリスマスイブの夜に、トナカイの引くソリに乗ってやってくるサンタクロースは、贈り物を持って暖炉の煙突から入ってくる。このサンタクロース像は、一七世紀にアメリカ大陸に移住したオランダ人たちが、故郷アムステルダムの守護聖人だった聖(セント)ニコラウスを、新天地に築いたニュー・アムステルダムの守護聖人にしたことから生み出されたものだ。ニュー・アムステルダムとは、現在のニューヨークである。聖ニコラウスは、四世紀頃に実在したトルコ(東ローマ帝国)の司教で、オランダ語では「シンタクラース」という。それが「サンタクロース」の語源なのだが、彼には有名な伝説がある。自分の教区の貧しい家で、三人の娘を抱えて苦労している父親がいるのを知った彼は、ある夜こっそり家を訪ね、煙突から三枚の金貨(金塊とも)を投げ入れた。その金貨のおかげで一家は救われるのだが、投げ入れた金貨がたまたま暖炉のそばに干してあった靴下の中に入ったという伝説である。この伝説からサンタクロースは煙突からやってくることになるのだが、それがいまのようなクリスマス行事と結びついたのは、後にニューヨークを手に入れた英国系移民たちが、クリスマスの日に父親が子どもたちに贈り物をすることを慣習にしたからだ。一九世紀半ばに書かれた聖ニコラウスにまつわる詩に感動した何人かの絵本画家たちが、自分たちなりの聖ニコラウス像を添えて世に問い、それが現在のサンタクロース像と子どもに贈り物をする慣習をつくりあげたといわれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820364

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト