MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 社会

サラリーマン
【さらりーまん】

「サラリー」はもともと「塩を支給する」という意味

いまは「ビジネスマン(あるいはビジネスパーソン)』というようであるが、やはりサラリーマン」のほうがピンとくる。英語で「給料」のことを「サラリー(salary)」というので「サラリーマン」なのだが、その「サラリー」の語源は、「塩を支給する」という意味のラテン語「サラリウム」からきているという。塩は古代ではたいへん貴重なものだった。とくに古代ローマでは、兵士たちの労働に対して支給されていたのは塩である。この塩はラテン語で「サール」と呼ばれ、とても大切にされていた。この「サール」が、その後の時代になって「塩代の銀貨」という意味の「サラリウム・アルゲントゥム」になり、そこから給料を意味する「サラリー」につながっていったようだ。ちなみに英語の「ソルト(塩)」の語源もこの「サール」である。日本でも同じように、給料とともに塩が支給されていたようなこともあった。奈良時代には親王以下の給料に、味噌などとともに与えられていたようである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820357

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト