MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 食べ物

讃岐うどん
【さぬきうどん】

かつては讃岐産小麦、いまは多くがオーストラリア産小麦を使用

近年、全国的な大ブームを巻き起こしている讃岐うどん。うどんというと、うどん粉からつくるのだが、このうどん粉、実は国産のものはほとんどなく、オーストラリア産の小麦を使ったものが多いという。もともと、讃岐がうどんで有名になったのは、かつてはうどんづくりに適した小麦が名産だったためであるところが近年では、その生産量はいま一つのようだ。オーストラリア産小麦が幅を利かせはじめたのは、ASW(オーストラリア・スタンダードホワイト)といわれる、日本人向けにつくられたうどん用の小麦の品質が素晴らしいためである。オーストラリアは日本に小麦輸出のターゲットを絞って、数十年も前に香川県にやって来てうどんを徹底的に研究した。そして一〇年以上の研究を費やし、このASWを日本市場へ送り込んできたのである。この小麦を使ってつくるうどんは、コシがあって弾力に富むというので評判になり、以来、オーストラリア産うどん粉使用の讃岐うどんが多くなってしまったようだ。もちろん讃岐産の小麦を使って真面目にうどんをつくるお店はあるだろうが、コスト考えるとこの事態はやむを得ないのかもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820355

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト