MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

サル
【さる】

毛づくろいをしているサルは、何を口のなかに入れているの?

動物園のサル山や、自然の姿をとらえたテレビの映像などでよく見かける、サルの毛づくろいのシーン。二匹のサルが仲むつまじく「ノミとり」をしているかと思いきや、実は「ノミ」などとっていない。サルの体はシラミはわくが、ノミはわかない。だから「ノミとり」という言い方は間違いである。実際に摘んでとって口に入れてなにやらもぞもぞしているのは何かというと、汗が蒸発した後に残された塩分やフケ、体についた種子などである。つまり塩分を摂っているのである。この毛づくろいを学術用語で「グルーミング」というが、ニホンザルの生態に詳しい学者によれば、これは塩分の補給のためだけにおこなっているのでは決してないようだグルーミングは食事が終わってのんびりとしているときなどに多く見られるが、これは高等なサル類に見られる独特の愛情表現の一つだという。私たちが見て心が和むというのは、サル同士の愛情が私たちにも伝わってくるからなのだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820358

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト