MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > モノ

消しゴム
【けしごむ】

ゴムを包む紙のケースには、こんな重要な役割があった!

懐かしい話かもしれないが、カバーをはずしてしまった消しゴムをしばらくプラスチック製の筆箱に入れておくと、べったりとくっついてしまった経験は誰しも一度くらいあるもの。筆箱でなくても、下敷や鉛筆の塗料にくっついてしまうことがあるが、なぜだろうか。これは消しゴムの製造過程で使われる、プラスチックをやわらかくするための可塑剤が原因であるプラスチック製品と、この可塑剤を使った消しゴムが接触すると消しゴムのなかに含まれている可塑剤が溶け出し、接触しているプラスチックに入り込んでしまうのである。では、べたつかないようにするためには、どうしたらいいかというと、ここで登場するのがあの紙のケースである。使いはじめてしばらくすると結構ぼろぼろになってしまうのでついついはがしてしまうのだが、これが禁物。いまのところ、消しゴムプラスチック製品がくっつかないようにする最も有効な手段が、あの紙カバーなのである。紙では弱くて破けてしまいがちなので、それ以外の何かでカバーしようとすると消しゴムが小さくなってきたときに使いにくい。結局のところ、小さくなってきたときには合わせて切ってしまえばいい紙のカバーが最も実用的で、コスト的にも問題がなく、消しゴムプラスチックのくっつきを防いでくれるというわけだ。何の気なしに思っている紙カバー、実はたいへん重要な役割を担った消しゴムの「部品」なのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820274

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト