MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

クラーク
【くらーく】

大志を抱いても、必ずしもうまくはいかない?

アメリカの教育家・化学者・植物生理学者のウィリアム・クラークは、一八六七年、創設したばかりのマサチューセッツ農科大学の初代校長に就任した。そして、一八七六年、同大学に在職のまま一年間の休暇をとり、同大学卒業生二人とともに来日し、札幌農学校(現・北海道大学農学部)の教頭となった。八カ月の短い滞在期間ではあったが、良心に従って行動するキリスト教主義教育をおこない、内村鑑三新渡戸稲造など、日本の宗教教育や北海道の開拓に有用な人材を養成した。一八七七年の帰国に際して残した「Boys, be ambitious(青年よ、大志を抱け!)」は、名言として名高い。さて、クラーク自身も、晩年まで「青年よ、大志を抱け!」の言葉通りに生きたといえるかもしれないが、大志を抱いたからといって、常にうまくいくとは限らない。晩年に抱いたクラークの「大志」は失敗続きだった。一八七九年にマサチューセッツ農科大学を辞職したクラークは、まず、学生を船に乗せて世界をめぐりながら教育する洋上大学の計画を立てたが、希望者がそれほど集まらなかったため、計画倒れになった。翌年、彼は、ジョン・ボズウェルとともに「スターグローブ銀鉱山会社」を設立したが、銀価格の暴落により、一八八二年に会社はあえなく倒産した。そのうえ、会社の資本金二万二〇〇〇ドルを提供した叔父と裁判で争って敗訴し、失意のうちに没したのである。彼は、日本から帰国後まもなくの講演で、カリフォルニアのゴールド・ラッシュを「悪銭身につかず」「真面目に働く気になれなくなる」と酷評している。それなのに三年後に自ら銀鉱山開発に手を染めたのだ。まさに「悪銭身につかず」の彼の晩年であった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820255

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト