MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 昆虫

クモ②
【くも】

なぜクモ自身は自分で張った巣に引っかからないのか?

クモは粘着性の糸を張りめぐらせて獲物を捕まえる。クモの巣を手で触ったことのある人ならすぐにわかるが、あのネバネバした糸の粘着力は強く、手から取り除こうとしても、なかなか取れない。一度クモの巣にひっかかった昆虫が、どうあがいても脱出できないのもうなずける。さて、クモ自身が、あの威力のある糸に足がからまって身動きがとれなくなることはあるのだろうか。確かに、たいていのクモは巣の中央でじっと待っているから、そのときひっかからないのはわかる。しかし、ひっかかった獲物を捕らえるためには、クモ自身が巣のなかを移動しなければならないはずだ。実は、一般的な円形のクモの巣では、全体があのようにネバネバしているわけではない。中央から外へ向かって放射状にのびている縦糸はネバネバしていないのである。ネバネバしているのは、縦糸にからめてぐるぐると円を描くように張ってある横糸なのだ。だからクモは、上手に縦糸の上を移動して、糸にからまらないようにしているというわけだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820254

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト