MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 昆虫

カエル
【かえる】

オタマジャクシにならず、直接カエルに!

親子がまったく形の異なる種類の代表であるカエルだが、実は、カエルの形になってから生まれてくる子どももいる。オタマジャクシになってからカエルに姿を変える種類は、カエル種・九科全八〇〇種類のうちの約八〇パーセント。では、そのほかの約二〇パーセントにあたる種類はどうなのかといえば、卵から直接、カエルの姿になって出てくる(直接発生)。その直接発生をするカエルは、コヤスガエル属とその近隣の属。代表的なものは、南米プエルトリコに棲む体長一?二センチ小さなカエル、コキーコヤスガエルである。日本国内では定着した実績はなく、むしろ、進入すると生態系に被害をおよぼす恐れがあると、環境省によって二〇〇五(平成一七)年に外来生物法の規制対象となっている。このコキーコヤスガエルは両生類として例外的な生活体系をとっており、湿地に親が卵を産み落とすと、オタマジャクシの期間を持たずに子は地上で孵化することができる。繁殖力がとても旺盛で、湿気の多い雨期を中心に、平均で二八個の卵を八週おきに産出。しかも年に四?六回卵を産む。その繁殖力で現在では、プエルトリコだけでなく、ハワイやアメリカのフロリダ州などに生息域を広げているという。ツノガエルと同じミナミガエル科に属し、外見はアオガエル科のツリーフロッグに似ている。成長の仕方がおもしろいだけでなく、鳴き声が普通のカエルと違っていて、ケロケロ、ゲロゲロではなく、「コキー、コキー」と「キ」にアクセントのある鳴き方をするのでその名前がついた。お膝元のプエルトリコではマスコットにもなっている人気者なのだそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820152

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト