MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! > 歴史

海軍
【かいぐん】

海のない国ボリビアに海軍がある不思議

南米の国・ボリビア共和国は、国境がまったく海に面していない内陸国である。だが、ボリビアには昔から海軍があって、現在も訓練が続けられている。海がないのにどこで訓練をしているかというと、ペルーとの国境にあるチチカカ湖や河川だ。六つの海軍管区に小艦隊が一つずつ配備され、湖や河川の管理をおこなっているという。海がないのに海軍があるのは不思議なのだが、これにはボリビアの悲しい歴史がある。かつては内陸国ではなく、太平洋沿岸もボリビアの領土だったのだ。ボリビアは一九世紀前半にペルーから独立した国家で、沿岸部はチリとの国境だったが、当時はほとんど無人でその国境もあいまいなものだった。その後、この土地に銅や硝石、グアノ(海鳥の糞の堆積物で肥料になる)の鉱脈があることがわかると、多数のチリ人が進出をしてくる。そこでボリビア人との対立を生んでしまった。一八七九年には、ペルーも含んで太平洋戦争(ゲラ・デ・パシフィコ)と呼ばれる戦いに発展してしまった。結局、その勝利国はチリ。ボリビアは唯一の海岸線を持つアントファガスタ州を明け渡すことになってしまったのだ。この歴史から、図らずも内陸国になってしまったボリビアだが、国民はいまだに納得はしていない。いつかは自国に海岸線取り戻す日が来ると信じて、一〇〇年以上たった今日でも海軍を維持しているというわけだ。その数は、ボリビアの陸軍二万五〇〇〇人、空軍三〇〇〇人に対して、海軍は三五〇〇人程度の規模で存在している。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820145

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト