MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 魚類


【かい】

生まれたときから殻を持っているの?

貝が生まれたときは、どんな形をしているのだろうか。貝類といっても種類はかなり多いが、たとえばアサリやハマグリなどの二枚貝について調べてみると、どの段階を生まれたときとするかによって違ってくる。私たちに身近な貝類であるアサリやハマグリなどは、生まれたときには殻を持っていない。まず、貝の卵は水中に産み出されて受精する。受精した後の卵は膜で覆われているが、そのままそのなかで分裂を繰り返す。この時期を過ぎると、体表に繊毛のあるトロコフォラ幼生となる。この段階では、まだ貝ではない。殻ができるのは、ベリジャー幼生に変態したときで、この殻ができると卵の膜の外に出てきて、いわゆる「貝」として成長していくのだ。つまり、卵から孵化してからしばらくは、ただ海中をさまよっているだけ。プランクトンのようにぷかぷか浮いていて、変態を繰り返している。その後、海底での生活ができるようになったら着底をして、いわゆる貝の赤ちゃんになるのだ。これに比べて、殻を持って生まれてくる種類もある。その種類は、カタツムリ、ボウシュウボラなどで、卵から孵化したときに、すでに親と同じような形をしているのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820143

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト