MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 昆虫


【か】

夏の嫌われ者は、ビルの何階まで飛行可能なのか?

緑色の渦巻きからゆるく立ち上る煙と、周囲に漂うほのかな青臭い香り。蚊取り線香は日本の夏の風物詩だが、幼児やペットがいると、火は危険、煙にむせる、ニオイがダメという家庭もある。そんな人向けに電気で薬品を温めて蚊を退治するというものも開発され、商品として主流になりつつある。ただ、そんな製品を買わなければならないのは、一戸建ての持ち家に恵まれている人、あるいはマンションの二階か三階までで生活している人だ。蚊は体重がせいぜい二?二・五ミリグラムしかなく、一秒間に五二〇回以上の羽ばたきをして、だいたい時速二キロ前後で飛行している。蚊がそばに来るとブ?ンと聞こえるのは、この羽ばたきの音だ。軽いボディでそれだけの羽ばたきをするのだから、蚊は風が苦手だ。室内では扇風機の風、エアコン吐き出す風程度でも吹き飛ばされてしまう。空中の高い場所では風圧で流されやすくなり、自力で飛べるのはビルの二階か三階程度の高さが限度であるそれでは、ビルやマンションの高層階では蚊はまったく見かけないかというと、そうでもない。一階ロビーからエレベーターに乗るとき、なかに紛れ込んだり、たまたま人間の服に止まっているときにその人がエレベーターに乗ったなどの理由で、上層階まで運ばれることがあるからだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820142

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  麻薬犬  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト