MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 健康

O-157

実は「O-26」「O-111」「O-128」もある

感染源だと濡れ衣を着せられ、かいわれ菜が市場から締め出されて、生産業者の悲鳴がニュースとなったのが一九九六(平成八)年。「O-157」騒動である被害者が給食を食べた児童だっただけに、集団での大量感染となり、死者まで出たことが騒ぎをより大きなものにした。それ以降も大きなニュースにこそならないが、O-157による患者は毎年二桁を超え、不幸にも死に至った例もある。O-157というのは、大腸菌の一種。大腸菌というのはどこにでもいる菌で、人間の手を顕微鏡で見れば必ず見つかるというほどありふれたもの。ただ、O-157恐ろしいところは、体内に入ると毒性を発揮する点である大腸菌は、名前の通り家畜やヒトの体内に存在する菌で、たいていのものは無害だが、ヒトの体内で下痢を起こさせたり、毒性が強く、出血をともなう腸炎や溶血性尿毒症症候群などを引き起こす病原性大腸菌がいる。O-157もそのなかの一つで、ヒトの体内でベロ毒素を産生する「腸管出血性大腸菌O-157」というのが正式名称。数多くの種類がある大腸菌は、その表面にある抗原によりO抗原とH抗原に分けられるが、O-157は一五七番目に発見された抗原を意味している。最初に発見されたのは一九八二年で、アメリカのオレゴン州とミシガン州におけるハンバーガーによる食中毒事件がきっかけになっている。ほかにもローストビーフステーキが原因の発症もあるが、菌の溶け込んだ水で栽培された野菜でも病源になりうる。ただ必要以上に恐れることはなく、十分に洗って加熱をしっかりすれば菌はなくなるという。O-157は、現在一八〇に分類されているうちの一つで、ほかにも一七九のO抗原の大腸菌が存在する。そのうち病原性の高いのは、O-26、O-111、O-128などである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820115

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト