MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 国・島・都市

大阪
【おおさか】

旧国名「大坂」の起源は、「小坂」だった!?

現在の大阪市は、豊臣秀吉が城を建ててから発展がはじまり、江戸時代に政治の中心が移ってからは、商業都市として成長を遂げた。ただ、秀吉の時代から江戸時代を通じて、使われた文字は「大坂」であった。明治維新を迎えて、一度は首都にしてどうかという案が出たものの、結局は東京と名を改めた江戸に敗れたことが、文字を変える結果になった。「坂」の字は「土」と「反」で構成されている。「土にかえる」という意味にもなり、あまり縁起のよいものではないというのが文字変更の理由であるそこで同じ「さか」の読みでも、繁栄するという意味を持つ「阪」に決めたといわれている。とはいうものの、すでに江戸時代に大阪と表記した例がいくつも見られる縁起をかつぐ商人たちは、早くから勝手に書き換えをしていたようである。元来「おおさか」という地名も、昔ながらの名前ではなかった。古代では「難波」と呼ばれる国だったいまの大阪一帯は、オサカという地名だけが伝えられていた寂しい地域だった。そこに一四九六(明応五)年に僧・蓮如が石山本願寺を開いた。そのとき蓮如は地名に「小坂」という字を当てた。その後、蓮如と同様に、入り江と川で水運に便利なこの一帯の地の利に気づいた秀吉が、城を建てることを決意した際、「小」は縁起が悪いから「大」に変えた。漢字を素直に読んだ「おおさか」が地名として一般的になったのは、いつの頃からかはっきりしない。明治時代に入ってもオサカと発音されることがあったようだが、新聞、雑誌が発行されてルビをふるようになったこと、鉄道が開通して駅名が「おおさか」と表記されたことなどが定着の理由だったようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820117

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト