MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! > 数字

円周率
【えんしゅうりつ】

江戸時代、円周率は「三・一六」だった!?

日本で独自に発達した「和算」。そのルーツは中国の古代算法の流れをくんだもので、江戸時代には多くの数学塾もでき、多くの人々が和算を学んでいた。この時代に使われた数学書としては、百川治兵衛『諸勘分物』や、一六二七(寛永四)年に出された吉田光由の『塵却記』などが残されている。江戸時代初期の数学書『塵却記』は、その後の日本の数学の方向を決めたといわれている。当時、親切丁寧に説明された絵入りの『塵却記』は爆発的に売れた。できるだけ多くの絵を挿入し、絵を見るだけでも楽しく理解できるようにつくられており、多くの学者が、幼少期に勉強した本のなかに『塵却記』をあげている。この頃、一六六三(寛文三)年に村松茂清は著書『算俎』で、円周率を三・一四とした。彼の円周率の求め方は、一つの円に内接する正多角形の辺の数を増やしていき、限りなく円に近づけていくという方法だ。後に『算俎』は世界が注目する算術書となるが、その理由は、円周率正しい値の求め方が、くわしく示されていたからだ。その後、村瀬義益が『算法勿憚改』を出版し(一六七三年)、その中で円周率を三・一四一五九余としている。なお、村松茂清が『算俎』を出すまでは、実は円周率は、なぜか三・一六とされていた。円周率の精度は、数学の発達の指標といわれるが、江戸時代に和算が著しく数学を発展させたことはいうまでもない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820113

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト