MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 昆虫

アリ
【あり】

働きアリの二割は、実は働かない怠け者

暑い夏の間、せっせと、わき目もふらずに行列をつくってエサを運ぶアリ。その勤勉さには頭が下がるが、よくよく見ると、エサを運びもせずに、仲間の周りをうろうろしているだけのアリもいる。そこで、働かないアリはいるのかという実験をした人がいる。北海道大学大学院農学研究院の長谷川英祐氏のグループだ。彼らが、カドフシアリ約三〇匹ずつの三つのコロニー(血縁集団)を五カ月間にわたり観察した。すると、約二割のアリは、怠けて働こうとしなかったというのである。仲間の周りを歩いて、さも働いているようには見えるが、労働とは無縁だった。働くことが代名詞のようなアリなのに、そんな集団のなかにも、必ずサボるヤツがいたのである。アリの集団を勤勉さの度合いで分けると、前述のように、働かないアリが二割、普通に働いているアリが六割、働かないアリの分の埋め合わせをするように、よく働くアリが二割だったという。おもしろいのは、このような働き度別の割合は、集団が違っても、だいたい同じになる点だ。たとえば、よく働いているアリだけを集めてきて集団にすると、最強軍団ができそうなものだが、そのうちやっぱり働かないアリが二割ほど出てくるようなのだ。反対に、サボっているアリだけを集めてみると、みながサボって集団の存続の危機が起こるのではないかと思いきや、そのなかから奮起するアリが二割ほど出てくる。このことから、集団のなかの働かないアリは、「働かないこと」で、その存在意義があるのではないかといった見解もある。ちなみに、大阪府立大学の研究でも、よく働くアリだけでなく、働きの悪いアリなどが入った混合集団のほうが、エサの回収率がよいという結果になったという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820023

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  麻薬犬  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト