MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 書籍

アラビアンナイト
【あらびあんないと】

シンドバッドやアラジンは、『アラビアンナイト』には出てこない

アラビアンナイト(千夜一夜物語)』を子どもの頃に胸躍らせて読んだ人は多いだろう。中世イスラム世界で形成されたこの説話集は、どれもが読み出したら一気に読めてしまう魅力にあふれている。『アラビアンナイト』というと、最初に『シンドバッドの冒険』や『アラジンと魔法のランプ』『アリババと四〇人の盗賊』などを思い出す人が多いことと思う。ところが、これらの『アラビアンナイト』の代表と思われている作品群は、実は同書には入っていなかったということがわかってきた。これは、一八世紀のフランスの翻訳者、アントワーヌ・ガランの手によるところが大きい。一六九〇年頃にシンドバッドの写本を手にしたガランは、一六九八年に翻訳を終えた。すぐさまガランは、アラビア語で書かれた『アラビアンナイト』の翻訳にとりかかる。しかし、どういう誤解からか、ガランはシンドバッドを『アラビアンナイト』の長大な物語の一部だと信じきって、三巻目に入れてしまったであるアラジンに関しては勘違いというより、どうやら故意に入れたようだ。四巻目のネタ切れに喘いでいたガランは、ハンナ・ディヤーブという修道僧と会う機会に恵まれる。このディヤーブがアラジンの話をガランに語ったらしい。このようにしてアラジンはガラン版『アラビアンナイト』におさまった。このほかにもディヤーブは「空飛ぶ絨毯」など多くの話を知っており、そのうちの七つが収録されたようだ。アリババに至っては、ガランの創作ではないかとの説も有力であるフランスで出版されると、この物語集は一大ベストセラーとなる。そして、今日まで世界名作の一つとなって読み続けられているわけだが、日本では原典にない作品たちが最も知られ、愛されているといえるだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820022

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト