MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

モアイ像
【東京雑学研究会編】

§イースター島のモアイ像には目があった?

イースター島は南太平洋浮かぶ絶海の孤島である。現在は南米のチリ領となっているが、その本土からも四五〇〇キロも離れたところにある島だ。
ここには巨石文明の一つとして名高いモアイ像がある。島の中には一〇〇〇体もの石像があるのだが、一体この石をどうやって運んだものか。巨石文明の多くと同様、さまざまな謎が残っている。多分、これらの石像は儀礼用の祭壇に、先祖の像として置かれたものではなかったかと推察されている。
モアイ像には目がなく、それがいっそう悲しげな表情に見せているのだが、実は作ったときには目はあったのである
発見されたときには、どのモアイ像にもきれいな目が入っていたらしい。しかし、一七世紀から一八世紀にかけて、島に上陸した白人が目を次々と略奪していったのである。現在は、博物館に一部保存されているだけ。ただ、色の違う石で白目と黒目を彫っただけのものだが、すべてが奪われていった。
侵略者としては、被征服者のシンボルのように立つ像のいちばん美しいところを奪っていくことに、快感を覚えたのだろうか。しかし、目がなくなったことで、モアイ像は、見るものの印象をより強くしているのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670926

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト