MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 植物

裁きの豆
【東京雑学研究会編】

§アフリカで裁きに使われた毒豆とは?

植物の中には毒を持つものも多く、それは鳥獣や人間に食べられて種が絶滅することを防ぐ、植物の保護機能と考えられなくもない。
そんな自然の造詣を、人間は利用することを知った。未開の時代、植物から得た毒を矢じりに塗って狩猟用の毒矢を作ったのである。それはそれで、人間が生きていくために許される手段の一つと考えることもできる。
ところが、少し文明が発達すると、その毒のある植物を裁きの物差しとして使うようになった。毒のある植物を食べさせるか煎じて溶液を飲ませ、生き残れば無罪、死ねば有罪という裁きの道具にしたのである
アフリカの地で、このように使われてきたのがカラバル豆だ。西アフリカ、ニジェール川河口、カラバル地方の植物の種子で、フジに似た灌木に実をつける。これが、現地ではエゼールという名前で呼ばれる毒豆で、古来「裁きの豆」とされていた。
カラバル豆による裁き方は、各地で行われていた試罪法の一つで、豆粒を二〇~三〇個くらいそのまま食べさせるか、煎じた液を飲ませるもの。たいていは、夫婦の間で不貞問題が起こったとき、この豆による試罪法が行われた。
実際は、毒にあたるかあたらないかの運というより、罪の意識のない場合、試薬を一気に飲むので胃が刺激されて吐くことになり、毒が回ることがなく、反対に罪の意識のある場合、後ろめたいのでこわごわ、そろそろ飲むため毒が徐々に回って死に至るということが多かったらしい
しかし毒をもって毒を制すと言われるとおり、猛毒はその量を間違えずに使えば薬になることも多い。
このカラバル豆も、一八四〇年にこの地を訪れた宣教師・医者によってロンドンに送られ、成分検査された結果、エゼリンあるいはフィゾスチグミンという物質が猛毒ではあっても眼圧を下げる効果のあることがわかり、緑内障特効薬となった。
フィゾスチグミンの毒性は、半数致死量が〇・七五ミリグラムされるが、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、発汗、顔面蒼白などの症状が出ることがわかっており、この嘔吐を引き起こす作用が、試罪法にちょうど合うものだったということも証明されている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670390

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 警察官人形  芸能デスク  サルトル  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト