MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 昆虫

サナダムシ
【東京雑学研究会編】

§サナダムシは、なぜ消化されないのか?

サナダムシは、人間の体に寄生して、栄養を奪ったり、多くの病気の原因になったりする。
一口にサナダムシと言っても、回虫や條虫など、さまざまな寄生虫の総称であり、太い木綿糸で平たく編んだ「真田紐」に形が似ていることから、こう呼ばれている。長いものになると、人間のお腹の中で数メートルにまで成長する。
ところで、人間のお腹に長い間棲みついているのに、どうしてサナダムシは消化されないのだろうか?
人間の胃は、食べたものを化する働きをしているのだし、肉や魚の骨だって小さいものなら消化できるのだからあんなふにゃふにゃしたサナダムシなど、すぐに溶かしてしまいそうなものだ。
だが、サナダムシとて、みすみす消化されるために人間に寄生するはずがない。ちゃんと、人間の体内で生き延びるためのシステムが整っているのだ。
サナダムシは、卵のときに、食べ物を介して人間の口から入り込み、胃を通過して腸で孵化し、成長する。体内のあちこちに移行して回ることはあるが、基本的には腸が棲みかである。この、棲みつくところが胃ではなく、腸であることがポイントなのだ。
人間の消化器官は、唾液や胃液をはじめ、さまざまな消化液を出して食べ物を消化しているが、腸の消化力は、胃ほど強力ではない。せいぜいが、胃で分解した栄養分をさらに消化・分解する程度であり、生きているサナダムシを消化するほどの力はないのだ。このため、サナダムシも消化されずに、寄生し続けることができるのである
また、サナダムシは、卵のときに胃を通過するが、卵の表面は、酸に強い特殊なタンパク質で覆われている。そのため、塩酸を主成分とする強烈な胃酸でも溶けることなく、そのまま胃を通過して腸に達することができるのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670389

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト