MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全そーだったんだ! > 由来

木魚の形
【東京雑学研究会編】

§眠らないと信じられていた魚

眠気をとるため音を出す仏具が、どうして魚の形なのだろう。昔は、魚は眠らないと思われていた。現在の研究によれば、どんな動物でも眠らないはずはないのだが、魚には瞼がなく、目をつむることがないので、眠らないと誤解されていたのである
その話を聞いたお坊さんが、魚を手本にしようと思い立った。木を彫って魚の形をつくり、眠気をはらうために、それを叩くことにした。
木魚は、お寺でのお坊さん呼び出し道具として使われることもあるが、その音色がよいので、お経のリズムを取る楽器のようなはたらきをするようになった。
眠気覚ましに発明されたはずのこの仏具が奏でる、単調なポク、ポクのリズムを聞いていると、かえって眠くなるような気もするのだが……。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670927

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト