MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 男と女

婚約指輪
【東京雑学研究会編】

§婚約指輪を贈り合うのはなぜ?

婚約にも結婚にも指輪はつきものだ。贈られると、「心臓につながっている」とされる左の薬指にはめるのが習慣だ。では、婚約指輪を贈り合うのはどうしてなのか。
婚約指輪の習慣は、ローマ時代に始まったものらしい。古代ローマの風習で、商売などの契約を交わしたとき、お互いの指輪を交換するならわしがあったという。やがて約束の履行を誓約するしるしとして、男性から女性に「認証指輪」を贈ったのだ。結婚の誓約書のかわりだと考えればわかりやすい。
この指輪には、「家政、家財一切を取り仕切る権利を与える」という意味があったという。指輪が「権威、愛、結婚のシンボル」とされているのも、そのためである
一方、「バビロニア神話」における愛と豊饒の女神イシュタルが、左手に指輪をはめていることから、婚約指輪に「多産・豊饒」の祈りをこめたとも解釈できる。
なお、婚約指輪ダイヤモンドを贈るのは一五世紀のキリスト教徒の習慣である。地上で最も硬いダイヤは、固い愛の絆を象徴しているというのが、もっぱらの説だ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670368

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト