MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 >

性的に刺激する色
【東京雑学研究会編】

§男性が性的興奮する色とは?

男性は赤に興奮しやすい。闘牛場で観客の男たちが異常なばかりに興奮し、大いに盛り上がるのは、闘牛士が振る赤い布によって、ますます興奮を掻き立てられているのだ。赤は戦闘意欲を掻き立てる色なのである
でも、男性が赤い色によって掻き立てられるのは戦闘意欲だけではない。性欲のほうも思いっきり掻き立てられてしまうのだ。
生理学では、赤は嗅覚や視覚、聴覚、触覚、味覚などの五感をつかさどる感覚神経を刺激する作用があるとされている。女性の場合は生理によって月の数日は赤い色を目の当たりにしているからとっくに慣れっこになっており、さほど神経を刺激されることはないのだが、男性は慣れていないだけに、その反応ぶりは十分。だからこそ、赤い口紅を塗った女性の唇に性的な魅力を感じたり、恋人の部屋に行ったときに赤いキャンドルが灯されていたりすると、すぐにでも彼女に飛びかかりたい衝動に駆られたりするのである
かつて日本の女性がつけていた腰巻がなぜか赤い色だったのも、男性の赤に対する反応を抜きには語れないだろう
日本女性の腰巻の色に赤が主流だったのは、ナプキンタンポンもなかった時代だけに、生理をカモフラージュする目的だったという現実的な説もあるが、遊女が最初に赤い腰巻をつけて男を誘ったからだとする説もある。遊女の赤い腰巻を見ただけで、男はフラフラ。その状態を見て、普通の女性たちも赤い腰巻をつけるようになったのだとしたら、昔の女性もなかなか積極的である
まさに赤は男にとって媚薬的な効果を持つ色ということになるが、逆に性的興奮が盛り上がらない色もある。例えば黄色。明るい気分にはなるのだが、落ち着かなくなるので、しっとりムードはかもし出せない。緑や青は、逆に落ち着きすぎて、熱く燃えるには不向きな色とされる




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670521

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  性的に刺激する色  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト