MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 子供

精子
【東京雑学研究会編】

§人間の精子は生きたまま火葬されてしまう

男性の射精によって一度に排出される精子の数は億の単位だ。その一つ一つが生命体である。いったん女性の体内に排出されると、だいたい人間の体温である三七度の中で毎秒一〇〇μmの運動能力を発揮して子宮を目指す。厳しい生存競争にうちかって運よく卵子と出会えるのは一つの精子だけで、あとはすべて討ち死にであるだから生命力が強く、タフにできている。
それがわかるのが、精子は人間本体の呼吸が止まり心停止が起こっても、まだ体内で生きているという事実だ。
普通、人間が死ぬと、四~五時間で筋肉は電気的刺激にも反応しなくなり、数時間後には胃の消化活動、腸の蠕動運動、血管の収縮などが見られなくなる。そして一〇~三〇時間後にはせん毛細胞が死ぬ。
これで完全に人間という生命体の死になるわけで、この科学的事実に基づき、「埋葬法」では、死後二四時間経たなければ火葬してはいけないことになっている。
ところが、この時点では、男性の遺体における精嚢内の精子たちはまだ生命を保っているのである。彼らが活動を完全に停止するのは、その造物主が活動停止後、およそ八〇時間を経てからなのだ。
人が死ぬと、たいてい通夜、葬儀、告別式といろいろな行事で日にちが経過するが、火葬にされるのは平均二日後。ということは、そのときまだ精子は活動を続けていて、生きながら焼かれていることになる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670520

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  芸能デスク  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト