MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > スポーツ

聖火ランナー
【東京雑学研究会編】

§聖火ランナーの聖火が消えてしまったらどうするか?

四年に一度開催されるスポーツの祭典オリンピック。その象徴として、毎回聖火がギリシアから開催国に届けられる。聖火は長い道中、なんのトラブルもなく目的地に到着しているのであろうか。もし、消えた場合、どのようにフォローされるのであろうか。
聖火が消えたトラブルは確かに何件かあった。しかし、種火を持った伴走者がいるので、すぐに火をトーチに移すことができるのである。そのトーチは長さ五五センチ、重さ一・三キロのアルミ製で、ガスボンベが底部から装着されている。燃焼時間は約二〇分。ちょうどガスコンロと同じ原理である
聖火が消える原因は三つある。ボンベの装着が不完全なため、ガス漏れで、燃焼時間が短くなること。炎は、秒速一五メートルまでの風には耐えるように作られているが、突風で消えること。トーチを前傾しすぎて走ること。つまり、風圧で炎が逆流し、空気の取り入れ口から噴出し、ウレタン製のパッキンを熱し、膨張させ、燃料のガスが出なくなるのだ。しかし、この点はすでに改良されたとのこと。世界のスポーツの祭典には、人目につかないところでさまざまな工夫と配慮がなされている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670518

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト