MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

税金
【東京雑学研究会編】

§「脱税」「所得隠し」「申告漏れ」はどう違うのか?

税務署が怖いのは、映画『マルサの女』でもおなじみのことであるとにかく、不正を暴き、しっかりと税金をむしりとっていく。
その不正には「脱税」「所得隠し」「申告漏れ」の三つがある。税金を誤魔化したという意味では同じだが、それぞれ違いがあるので説明しよう。
税務署が課す処分のうち、いちばん重いものが「脱税」である。これは、税務署が額が多い、手口が悪質な場合に適用するもので、刑事的な訴訟が起こされるそして、裁判に負けたら刑事処分を受けてしまう。このときに課せられるのが追徴金課税だ。誤魔化した金額よりも膨大になるため、恐れられる処罰である。「所得隠し」は刑事処分を受けるほどではないが、二重帳簿などで所得を誤魔化したとされる場合の処罰である。これも重加算税が課せられ、誤魔化したことを後悔させる処罰が待っている。
「申告漏れ」というのはいちばん軽いものだが、申告額を誤魔化したということのほかに、必要経費として計上したものが認められない、あるいは税務署と申告者側に見解の相違があったときにもこの処罰となる。芸能人の申告でいちばん多いパターンである。発覚したら、何年にもわたって調べられたり、追加の税金を徴収されたりする。
とかく、世の中は正直ものが馬鹿をみる傾向にあるが、こと税金だけはきちんと正直に申告した方が、結果的には損しないという構造になっているのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670519

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト