MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

コンペイトウ
【東京雑学研究会編】

§かつてコンペイトウのイボの数は決められていた!

コンペイトウといえば、なんといってもあのイボイボが魅力。ほんのりした甘さもたまらないが、イボイボがなくて、ただの丸い粒なら、さほど人気は出なかったかもしれない。
コンペイトウが日本にやってきたのは、四〇〇年ほども前のことだ。宣教師ルイス・フロイスによってポルトガルから持ち込まれた「コンフェイトス」という名のお菓子がコンペイトウで、織田信長が感激したと言われている。
長崎から日本に入ったコンペイトウは、京都、大坂を経て江戸へと広まったのだが、当時糖類はとても高価なもので、一般の人が口にすることができない贅沢品だった。
やがて一六八四(貞享元)年頃から、長崎で国産のコンペイトウを作るようになったが、その貴重品ぶりは相変わらずで、コンペイトウは幕府に献上する大切なお菓子だった。だから、イボの数だってこだわりがあり、三六個と定められていたのだ。
この数は天地六合にかなった数理でなければならないということから決まったもので、コンペイトウ担当の役人が、幕府に献上するコンペイトウのイボを数え、それ以外は排除されていたとまで言われているし、イボが三六個以外のコンペイトウを売ってはいけないというお触れまで出たとか。
ただ、コンペイトウの数を三六個にするのはかなり困難な作業だったようだコンペイトウの作り方は、よく温めた鉄の鍋をゆっくり回転させ、そこにグラニュー糖の粒を大量にいれる。これがコンペイトウの核となり、その上から熱した砂糖水を少しずつ振りかけるのである。これは江戸時代から同様で、手にひしゃくを持って、砂糖水を振りかけては冷まし、また振りかけて冷ますのだ。この作業を一日九時間、二週間も続けていると、そのうちに核の周囲に少しずつイボイボができるのである
不思議なことに機械でやろうとすると、なぜかイボイボができないというのだから、やっかいな話だ。
三六個のイボが必要だったコンペイトウ。今度食べるときは、ぜひイボの数をチェックしてみよう。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670367

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト