MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

昆布①
【東京雑学研究会編】

§海の中の昆布はだしが出てしまわないのか?

カツオ節と並ぶ、和食のうまみのもとが、だし昆布である。海藻の昆布を乾燥させたもので、調理するときは、水にひたしておいて、だしを出す。
だが、昆布は海中に生えている植物である。水にずっとつかっているのだから、その間もだしが溶け出ているのではないだろうか?
その心配は無用である。昆布のうまみの主成分であるグルタミン酸は、生物としての昆布が生きていく上で欠かせない重要な成分なので、海中で生きているうちは、だしは溶け出さないのである
グルタミン酸は、アミノ酸の一種であるアミノ酸は、約二〇種あるとされており、このアミノ酸がいくつかつながると、タンパク質になる。タンパク質は、生物の代謝などに必要な成分であるから、タンパク質を作るために、グルタミン酸をためておく必要がある。
昆布の細胞膜は、炭水化物アルギン酸で成っているのだが、この細胞の中に、グルタミン酸が含まれている。細胞を包んでいる膜には、選択透過性という性質があり、生命を保つために必要なものは外から取り入れるが、逆に不必要なものは外に排出するようになっている。
海を泳ぐ魚は、海水につかりっぱなしでも塩漬けにはならないが、死んだら塩漬けにできる。これも、選択透過性の作用によるものである
だから、人間に収穫されずに、海の中で生命を終えた昆布からは、だしが溶け出していると思われる。もっとも、広大な海の中なのだから、人間がうまみを感じるほどの濃さにはならない
私たちは、昆布の生命のエキスを、昆布だしのうまみとしていただいているのである
ちなみに、味噌汁の具やサラダの材料として親しまれているワカメも、昆布と同様、昆布科の海藻である。だが、グルタミン酸は含まれていないので、昆布のようなだしは出ない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670365

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト