MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳チーズ >

リコッタ

リコッタ

リコッタ

ri(リ)は「二度」、cotta(コッタ)は「煮る」の意。ミルクを加熱し凝固剤を加えてチーズを作るときに出る乳清(ホエー)を、さらに煮詰めて作るので、この名がある。主原料は羊や水牛の乳もあるが、日本では牛乳がほとんど。脂肪分が少なく、豆腐を裏ごししたような食感。デザートによく使われ、なかでもシチリア名産のカンノーロカッサータが有名。ほか、詰め物パスタの具材などにも使う。

タイプフレッシュ
主原料=牛乳(イタリアでは羊乳、水牛の乳もある)
DOP 認定(羊乳のリコッタ・ロマーナのみ。ラツィオ州)




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541206

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 ボスカイオーラ  ディアボラ  アクアパッツァ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト