MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳肉料理 >

コトレッタ

骨つき肉ならコストレッタ、ミラノ風が有名なイタリアのカツレツ

コトレッタ

カツレツルーツ及び語源ともなったコトレッタ。衣をつけて油で揚げるイタリアの代表的な肉料理で、ミラノ風がよく知られている。仔牛の肉を叩いて薄くのばし、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて、少なめのオリーブオイルで焼くように揚げる。溶き卵にパルミジャーノ・チーズ、油にバター加えるなどして風味を加えることもある。

本来は骨つきロース肉=コストレッタcostolettaを使い、Costoletta alla milanese(コストレッタアッラミ ラネーゼ)と呼ばれたが、フランスに伝わってcôtelette(コートレット)となり、イタリアに戻ってcotoletta(コトレッタ)になったという。現在は骨つき肉の場合にはコストレッタ、それ以外ならコトレッタ使い分けている。ミラノ風以外にはパレルモ風alla Palermitana(アッラパレルミターナ)も有名。肉厚で、つなぎに溶き卵を使わず、オリーブオイルをつけてパン粉をまぶすのが特徴。




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541088

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 ボスカイオーラ  ディアボラ  カサレッチェ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト